会長の挨拶

 建築科一回生(昭和57年度卒)の立石浩一です。
 この度の東日本大震災で被災された同窓生の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、未曾有の大震災により多くの尊い命が失われたことに対し、東北文化学園同窓会を代表して深く哀悼の意を表します。
 私も被災者のひとりとして多くのことを経験しましたが一番強く感じたのが、「人との繋がり」です。つらい時しんどい時、人とのなにげない会話からたくさんの勇気や元気をいただきました。このかけがえのない経験を今後の人生に生かしていきたいと思います。
 さて、ちょっと堅い話になりましたが本会は同窓生の親睦をはかりコミュニケーションの活発化に努め、更には母校が大きく発展するよう物心共に支援する等の活動を目的としております。これらの目的達成のためホームページにより本会活動の情報をお知らせすることにより会員のみなさんの同窓意識を高め活動していただきたいと願っています。
 今後は、このページを充実するための工夫を重ねて参りたいと考えておりますので、お気づきの点はどうぞ遠慮なくご意見をお寄せくださいますようお願いします。
 最後に会員のみなさんの健康とご多幸を祈念してあいさつとします。
スペース 石立浩一